AWS内製化支援サービス

AWS内製化支援サービス by SCSK

AWSによるお客様社内のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進展させるにあたっては、社内でのクラウド化推進担当者の育成が必要不可欠になります。SCSKでは、内製化をリードできる担当者育成へのご支援を通じ、お客様企業が真のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現できるようご支援いたします。

概要

SCSKでは、クラウド技術者を 「ITを利活用してお客様と共に事業を推進する人材」 と定義し、各種の社内教育プログラムの施策を進めており成果をあげておりました。こうしたSCSK社内のエンジニア育成プログラムをカスタマイズしお客様に提供することで、お客様自身にてクラウド活用ができる人材育成をご支援いたします。

また、SCSKではITの専門家としてお客様の情報システム部に常駐する 「分室」 と呼ばれるビジネスも行っており、よりお客様に身近な立場でAWSを事業で利活用する内製化のご支援が可能です。
既に一部のお客様にてビジネスをITで促進する Biz x DevOps エンジニアが常駐し内製化を進めており、これを拡大してまいります。

プログラム

お客様のニーズに合わせ、以下のプランからカスタマイズしご提供いたします。

  • Biz x DevOps実践ワークショップ
    ビジネスとテクノロジーを結びつける Biz x DevOpsの考え方を学ぶワークショップで、エンジニアの方がビジネス上の課題をもとに、解決に向けてクラウドを利活用する方法を学びます。
    お客様にとっての「お客様は誰なのか?」から考える、アマゾンの顧客視点のサービスデザイン方法であるWorking Backwardsを参考に、どのようなベネフィットを与えることができるのか、サービス企画からクラウドネイティブのシステム開発をグループワークで行います。
    (SCSKメンバーがメンターとしてサポート)
    企画をアプリケーションとして実現する流れを習得しつつクラウドネイティブ開発の流れを把握することで、ブリッジメンバー(ビジネス側とIT側の橋渡し役)を育成します。
  • クラウドネイティブ人材育成コンサルティング(予定)
    ビジネスとテクノロジーの架け橋となる人材を育成する”ブリッジメンバー”養成所をお客様の組織内に立ち上げるご支援をいたします。お客様社内でのエンジニア育成の自走を目指します。
  • 事業を促進!Biz x DevOpsを実現する、情シス高度化分室提供サービス
    弊社が提供する分室は従来の業務効率化のためのIT運用アウトソーシングサービスでしたが、新たにビジネスとITの両方を理解ししたブリッジメンバーを提供し、直接利益を生むクラウド利活用の方法をお客様と共に模索し作り上げる、Biz x DevOps対応“高度化分室“を提供いたします。

 

タイトルとURLをコピーしました