データベース

データベース

Amazon DynamoDB のバックアップを AWS Backup で定義する [AWS CloudFormation テンプレート付き]

Amazon DynamoDB のバックアップを AWS Backup と AWS CloudFormation で簡単に定義できたので、Amazon DynamoDB 側の注意事項も含めて紹介します。
データベース

小ネタ – AWS Lambda を使って Amazon Aurora Serverless からデータを配列で取得する

AWS Lambda および Data API を使って Amazon Aurora Serverless からデータを配列で取得する方法を紹介します。Data API 経由でデータを取得した場合、アプリで扱いづらいフォーマットになっているため、配列に加工した方がよいです。
データベース

React アプリ用に Amazon DynamoDB でユーザ設定テーブルをつくる

React アプリ用に Amazon DynamoDB でユーザ設定テーブルをつくった例を紹介します。 Amazon DynamoDB のテーブル設計とアプリ側でのデータ構造変更の例の紹介が主旨となっております。
MySQL

HeatWave 特集第3回 Looker から HeatWave のデータを表示する

2021年データベース界で注目された「HeatWave」について全3回にわたってご紹介します。 第3回の今回は HeatWaveの分析データBIツールであるLookerからHeatWaveのデータを表示する方法をご案内します。
MySQL

HeatWave 特集第2回 HeatWave と Looker の連携手順

2021年データベース界で注目された「HeatWave」について全3回にわたってご紹介します。 第2回の今回は HeatWaveの分析データBIツールであるLookerから確認するための連携方法についてご案内します。
MySQL

HeatWave 特集第1回 2021年、大注目の「HeatWave」とは?

2021年データベース界で注目された「HeatWave」について全3回にわたってご紹介します。 第1回の今回は MySQL Database Service(MDS) と HeatWave の概要をご案内します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – 災害対策(リージョン間スナップショットのコピー)

データベースを管理する上で、災害対策を考えておく必要があります。 今回は Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) にて リージョン間スナップショットのコピーを使用した災害対策をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – AWS Well-Architectedフレームワーク

AWS のシステムを構築する際、AWS Well-Architected フレームワーク 理解し考慮することが推奨されています。 今回は Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for Oracle の観点から、AWS Well-Architected フレームワーク 5つの柱をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – フェイルオーバーの時間について

マスタデータベースで障害が発生した場合、速やかにスタンバイデータベースへフェイルオーバが必要です。 今回は Amazon RDS for Oracle ( Multi-AZ 配置) でフェイルオーバーした際にかかる時間について検証結果をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – POINT IN TIME RECOVERY(テーブル)

誤ってテーブルのデータを消したり、変更してしまった経験はないでしょうか。 今回は Amazon RDS for Oracle の POINT IN TIME RECOVERY にて特定のテーブルのみ指定した時点の状態に復元する方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました