AWS

USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)

AWS

AWS Configの自動修復アクションにおいて実行ループが止まらないのですがどうですればいいでしょうか?

AWS Configにおける自動修復アクションが無限に実行されてしまう条件と、それを防止する方法について動作検証を交えて紹介します。
AWS

Amazon Data Firehose で Amazon S3 転送時にメッセージ抽出機能がサポートされました

Amazon Data Firehose で Amazon S3 へ転送する際にログに含まれるヘッダー部分の抽出がサポートされたので紹介します。
AWS

AWS AppSync リゾルバ (VTL) の書き方サンプル No.5 – Amazon DynamoDB UpdateItem

Amazon DynamoDB に VTL で UpdateItem をかけるときの基本的な書き方を紹介します。
AWS

AWS AppSync リゾルバ (VTL) の書き方サンプル No.4 – Amazon DynamoDB PutItem

Amazon DynamoDB に VTL で PutItem をかけるときの基本的な書き方を紹介します。
AWS

AWS AppSync リゾルバ (VTL) の書き方サンプル No.3 – Amazon DynamoDB Query

Amazon DynamoDB に VTL で Query をかけるときの基本的な書き方を紹介します。
AWS

Agents for Amazon Bedrock で Claude モデルに問い合わせる分岐のある RAG をつくる

Agents for Amazon Bedrock を使用して簡単な RAG をつくってみましたので、RAG の分岐部分の設定や基盤モデルへの問い合わせコードを紹介します。
AWS

AWS Network Firewall をもっと勉強したい!!【Amazon Bedrock Knowledge Base編】

AWS Network Firewallに関するAWS re:Inforce 2023でのプレゼン情報(動画字幕、PDF)をAmazon Bedrock Knowledge Baseに入れて、効率的に勉強できるか試してみました。
AWS

Amazon Data Firehoseでタイムゾーンが指定できるようになりました

Amazon Data FirehoseでS3へ転送する際にタイムゾーンを指定したプレフィックスがサポートされたので紹介します。
AWS

Amazon CloudWatch Logs を Amazon Data Firehose のみ利用して、解凍処理して Amazon S3 に転送する [Amazon Data Firehose + AWS Lambda + Amazon CloudWatch + Amazon S3 + AWS CloudFormation]

Amazon CloudWatch Logs のログを Amazon Data Firehose を利用して解凍済みのログとして Amazon S3 に転送する方法を紹介します。
AWS

React アプリに Agents for Amazon Bedrock への問い合わせ画面を組み込む [RAG・レスポンスストリーミング対応]

Agents for Amazon Bedrock を使用して簡単な RAG をつくってみましたので、問い合わせ画面コードの一部を紹介します。