Google Cloud

【GCP】BigQuery で複数テーブルを一括作成してみる

業務で活用した「BigQuery 上に大量テーブルを一括作成する便利な方法」をブログ化します。
Cato Cloud

Catoクラウドの帯域選定の話

拠点の契約帯域をどうしよう?拠点数が多い場合は?拠点の人数が少ない場合は?拠点事情に合った事例をご紹介します。
Google Cloud

【新機能】BigQuery Data Canvasを試してみた!!

BigQuery の新機能である BigQuery Data Canvas (preview) を試してみました。
AWS

Amazon Cognito + Oktaの構成でSAML認証によりアクセストークンを取得してみた

IDaaSとAmazon Cognito User Poolを組合せてSAML認証する方法を試します。具体例としてOktaで管理されるユーザーでサインインし、認証後にアクセストークンを取得するプロセスをご紹介します。
イベントレポート

【現地速報】Google Cloud Next ’24 Las Vegas Keynoteまとめ。

Google Cloud の旗艦イベントである『Google Cloud Next '24』がMandalay Bay, Las Vegasにて開幕しました。 今回は基調講演で発表された新サービスをいち早くお知らせします。
Dropbox

続・Smartdbxとは?~Dropbox統合管理ツール~

Smartdbxの紹介記事・続編です。今回はオプション機能のご紹介です。
AWS

Session Managerでインスタンスに接続できないときに思い出す記事

インターフェース型VPCエンドポイントを使用してSession Manager経由でEC2インスタンスに接続しようとして接続できなかった場合のチェックポイントとしてDNSまわりの設定を確認することがお勧めであるということを説明した記事です。
Cato Cloud

Catoクラウドのグローバルプライベートバックボーンについて

Catoクラウドのグローバルプライベートバックボーン(Global Private Backbone)について解説しています。
Cato Cloud

Cato クラウドの FQDN ベースの制御の仕組みと課題

Cato クラウドでは、通信先の FQDN をベースとしたトラフィック制御やアクセス制御を行うことができます。一方で、FQDN の根幹を成す DNS はアプリケーションレイヤの技術であり、ネットワークやトランスポートのレイヤからは直接扱えない技術でもあります。 そうしたレイヤの違いから Cato クラウドが通信先の FQDN をどのように識別しているのか気になりましたので、深掘りして調査検証し、いくつか浮かび上がってきた課題をここで説明します。
AWS

Amazon Lex V2 で Selective Conversation Log Capture を実行する

Amazon Lex V2 で会話ログの一部を保存する手順をお伝えします。