Zabbix 5.0 LTS から 7.0 LTS へ簡単にバージョンアップしてみた

こんにちは。SCSK株式会社の安藤です。

2024年6月4日にリリースされた最新バージョンであるZabbix 7.0 LTSへ、5.0 LTSから簡単にバージョンアップしてみたいと思います。

※新規インストールの場合は、以下の記事を参照ください。

Zabbixとは

まずはZabbixの説明を簡単にさせていただきます。

Zabbixは、エンタープライズ対応のオープンソース統合監視ツールです。

サービスやそれを支える ITシステム(サーバ、ネットワーク機器等)の状態を把握し、障害の予兆やサービスへ影響を及ぼす事象が発生した際に、システム管理者やオペレータに通知を行うオープンソースの統合監視ソリューションです。
数万デバイス規模のエンタープライズ環境でも多数の稼動実績を誇っています。

Zabbixの詳細情報については、以下をご確認ください。

 

バージョンアップ手順

早速、Zabbix5.0から7.0へバージョンアップしていきたいと思います。

今回の構成

今回の構成は以下のとおりです。

  • ZABBIX VERSION: 5.0.42
  • OS DISTRIBUTION: Red Hat Enterprise Linux
  • OS VERSION: 8.2
  • DATABASE: MySQL 8.0.36
  • WEB/AP SERVER: Apache 2.4.37 / PHP-fpm 7.2.24
  • SELinux: 無効
  • Firewalld: 無効

 

関連ミドルウェアのバージョンアップ

各ミドルウェアの対応バージョンは以下の通りです。事前に、Zabbix 7.0の動作が可能なバージョンまで、バージョンアップしておく必要があります。

  5.0 LTS 7.0 LTS
Apache 1.3.12 or later 2.4 or later
PHP 7.2.0 or later 8.0.0 – 8.3.X
MySQL 5.7.X – 8.4.X 8.0.30 – 8.4.X

Zabbix 7.0リポジトリの設定とZabbixのバージョンアップ

Zabbix 7.0 のリポジトリを設定します。

# Zabbix 7.0 リポジトリの設定
rpm -Fvh https://repo.zabbix.com/zabbix/7.0/rhel/8/x86_64//zabbix-release-7.0-1.el8.noarch.rpm
dnf clean all

次に、Zabbix関連のパッケージをバージョンアップします。

# Zabbix関連パッケージのバージョンアップ
dnf update zabbix-agent zabbix-apache-conf zabbix-server-mysql zabbix-web zabbix-web-japanese zabbix-web-mysql

インストールされているZabbixパッケージのバージョンを確認します。

# インストールされているZabbixパッケージのバージョンの確認
dnf list --installed |grep zabbix

これだけで完了です。とっても簡単です!

Zabbix Serverのサービス再起動とデータベースのアップグレード

Zabbix Serverのバージョンアップ後、Zabbix Serverのサービスを再起動すると、自動的にZabbixのデータベースのアップグレードが開始されます。データベースのアップグレード時には、ログに以下のような出力があります。

2623:YYYYMMDD:194015.890 using configuration file: /etc/zabbix/zabbix_server.conf
2623:YYYYMMDD:194015.941 current database version (mandatory/optional): 05000000/05000007
2623:YYYYMMDD:194015.942 required mandatory version: 07000000
2623:YYYYMMDD:194015.942 mandatory patches were found
2623:YYYYMMDD:194015.943 starting automatic database upgrade
2623:YYYYMMDD:194016.159 completed 0% of database upgrade
2623:YYYYMMDD:194017.273 completed 1% of database upgrade
2623:YYYYMMDD:194019.414 completed 2% of database upgrade
2623:YYYYMMDD:194021.865 completed 3% of database upgrade
・・・

5.0 LTSのデータベースバージョン「05000000」であるのに対し、7.0 LTSの「07000000」が必要であると、出力があります。

その後、自動的にデータベースのアップグレードが開始されていることがわかります。

 

バージョンアップ中の挙動

バージョンアップ中に、以下のような挙動をすることがあります。

データベースのアップグレード中にWeb管理画面を表示

データベースのアップグレード中にWeb管理画面にアクセスすると、Zabbixデータベースのバージョンが要件を満たしていない旨のエラーメッセージが表示されます。

データベースのアップグレードを中断

データベースのアップグレードが中断した場合は、Zabbix Serverのサービスを再起動することで、中断した箇所からアップグレード処理が再開されます。

 

まとめ

Zabbix5.0から7.0へのバージョンアップは、5.0→6.0→7.0と段階を踏むことなく、5.0から7.0へ、一度で簡単にバージョンアップすることができました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

最後に

弊社ではZabbix関連サービスを展開しています。以下ページもご参照ください。

SCSK Plus サポート for Zabbix

 

★YouTubeに、SCSK Zabbixチャンネルを開設しました!★

 

★X(旧Twitter)に、SCSK Zabbixアカウントを開設しました!★

タイトルとURLをコピーしました