AWS

AWS CodePipeline作成時の確認ポイント

AWS CodePipeline作成時の確認ポイントとハマったポイントを記載しました。
AWS

ElasticBeanstalkで管理されているALBのアイドルタイムアウト値を変更する

ElasticBeanstalkで管理されているALBのアイドルタイムアウト値を変更する方法を紹介します。 アプリケーションのソースコードが格納されているリポジトリに「.ebextensions」を作成して、その配下にオプション設定を格納して設定を変更します。
サーバレスアーキテクチャ

Amazon Cognito ユーザのリストを AWS Lambda で取得する

アプリ画面に Amazon Cognito のユーザリストを表示させたいときに必要となる、AWS Lambda 関数を紹介します。
AWS

インターネットへのアウトバウンド通信が可能な仮想マシン(EC2)を作成する

最近、iPaaSの研修を受ける機会があり仮想マシンが複数台必要となったため、AWSにて研修用環境を用意しました。 簡単な構成ですが、NW周りの設定なども必要なため、1から作るとなると少し時間がかかるかと思います。 テンプレートを用意しましたので、活用いただけると幸いです。 セルフサービスで社内のユーザに活用してもらうのであれば、「AWS Service Catalog」に登録しておくのも良いかと思います。
AWS

とりあえず Amazon DynamoDB にデータをインポートしたい [AWS Cloud9 使用]

Amazon DynamoDB を作った後、テスト等でとりあえずデータをまとめてインポートしたいときがあるのではないでしょうか。私はそんなときは AWS Cloud9 を使って Python スクリプトでデータインポートしています。
サーバレスアーキテクチャ

HTTPSでLambdaを起動:AWS Lambda Function URLs を使ってみる

LambdaをHTTPSでアクセスすることで起動できるLambda Function URLsがリリースされました。この記事では、その実例を記載しています。
AWS

S3 Intelligent-Tieringに自動的に移行されるバケットを作成する [AWS CloudFormation テンプレート付き]

今回はS3のコストを最適化してくれるストレージクラス「Intelligent-Tiering」に、自動的に移行してくれるバケットをCloudFormationでサクッと作れるテンプレートを用意しました。よりコストの安い「Archive Access tier 」と「Deep Archive Access tier」を利用するパターンも用意しています。ぜひご活用ください。
サーバレスアーキテクチャ

Amazon API Gateway と AWS Lambda の連携でもうハマりたくない [AWS CloudFormation テンプレート付き]

Amazon API Gateway と AWS Lambda の連携がうまくできず時間を浪費してしまう方は結構いらっしゃるのではないかと思います。Amazon API Gateway のタイプや AWS Lambda との統合の仕方によって AWS Lambda 関数のコードも変わるので厄介です。私はそこでハマるのが嫌で、Amazon API Gateway と AWS Lambda 関数の標準設定パターンを決めて使い回ししています。
Azure

【Azure】料金計算ツールの使い方

Azure料金計算ツールについてご紹介します。Azureに興味のある方やAWSと料金を比較したい方、Azure料金計算ツールを使えば簡単にAzure利用料が試算できますよ。
データベース

Amazon DynamoDB のバックアップを AWS Backup で定義する [AWS CloudFormation テンプレート付き]

Amazon DynamoDB のバックアップを AWS Backup と AWS CloudFormation で簡単に定義できたので、Amazon DynamoDB 側の注意事項も含めて紹介します。
タイトルとURLをコピーしました