運用・監視

データベース

Amazon DynamoDB のバックアップを AWS Backup で定義する [AWS CloudFormation テンプレート付き]

Amazon DynamoDB のバックアップを AWS Backup と AWS CloudFormation で簡単に定義できたので、Amazon DynamoDB 側の注意事項も含めて紹介します。
AWS

プライベートサブネットのWindows EC2インスタンスへSSMポートフォワード経由でRDP接続する方法 (MFAあり)

プライベイトサブネットのWindows EC2インスタンスへ、AWS Systems Managerのポートフォワード経由でRDP接続する方法を解説します。 MFA有効にしている場合の接続方法も解説しています。
AWS

AWS CloudShellを深掘ってみる

ブラウザで使うことのできるシェル環境、AWS CloudShell の仕組みを紐解きます。 制約事項を整理しましたので、皆さんも的確に使いこなせるようになりましょう。
AWS

AWS Backup リージョン間コピーをAWS CLIで行いました。

JP1/AJSを使用して、大阪リージョンの本番環境のAmazon EC2を災対環境の東京リージョンにリージョン間コピーする要件がありました。 JP1/AJSのジョブと連動するためAWS CLIでバックアップジョブを作成する必要がありますが、意外とAWS CLIでの情報はありませんでしたので、検証した内容についてご紹介します。
AWS

AWS SAP on AWS Speciality 受験対策その6「SAP運用におけるAWSの活用」

AWS SAP on AWS Specialityのβ試験が始まりますが、SAPの用語中心に私の知識の整理も兼ねて記事を投稿してきたいと思います。 6回目は、SAP運用におけるAWSサービスの活用をご紹介します。
Zabbix

AWSの障害イベントをZabbixに通知する方法について

アマゾン ウェブ サービス(AWS)上のサービスを監視する方法として、Amazon CloudWatchを使用した障害監視することが一般的ですが、オンプレミス環境で構築したノウハウや使い慣れた障害監視ツールを使用されたいと言ったご要件をお客様から頂きます。 今回はAWSで構築したサービスの障害を、Zabbixで検知させる方法についてご紹介します。
AWS

AWS環境におけるNameタグ自動付与機能の実装

AWS環境では、リソースを判別したり整理する目的で「タグ機能」が利用されています。その中で今回は、Nameタグを自動で付与する仕組みをご紹介します。
AWS

FORMER2を利用した、AWS構成ファイルのバックアップなどの活用方法について

AWSの各種マネージドサービスの設定情報をバックアップできるFORMER2について、各種活用事例をご紹介します。