【ウェビナー報告】情シスご担当者必見!ERPから始める運用負荷軽減につながる社内システムのAWS活用

本イベントは盛況のうちに終了いたしました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

皆様、こんにちは。
SCSK株式会社の藤原です。

11月16日(火)に【AWSウェビナーシリーズ第5弾】情シスご担当者必見!ERPから始める運用負荷軽減につながる社内システムのAWS活用を開催いたしました。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社(AWS Japan)様と共同で、運用負荷軽減につながるAWS活用についてのウェビナーを開催いたしました。当日は多数の方にご参加頂き、ありがとうございました。

イベント開催後の参加者アンケートでは、「ProActive C4、S-Cred+、AWSインフラサービスの理解が深まった」「ERP更新時にAWSと組合せで採用するという方向が見えた」とのお声をいただき、現状の基幹システム改善のヒントを見つけて頂けるウェビナーとなりました。以下、簡単に開催レポートとしてご報告いたします。

はじめに

企業のITシステムの安定稼働に欠かすことのできない情報システム部門ですが、ご担当者の中にはこんな課題を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

既存システムの運用に手一杯で、新しい分野に手が付けられない…

システム担当の人員が少なく、将来の運用が不安…

そんな情シスの方の課題を解決するヒントとして、ERPを中心に基幹システムをクラウドに移した時の効果やメリットを、事例を交えてご紹介するために本ウェビナーを企画致しました。

ERPの未来とERPクラウド化の効果とは

SCSK株式会社 高橋さん

SCSK株式会社 高橋さんより、SCSKのERP「ProActive」をベースに、今後あるべき基幹業務システムの姿を描くとともに、手組みからクラウドへの移行により、業務の大幅な短縮につながった事例をご紹介いただきました。

基幹業務システムを取り巻く環境がめまぐるしく変化していく中、バックオフィス業務担当者は様々な課題に直面しています。その課題を解決するのがSCSKのクラウドERP「Proactive」です。Proavtiveは6200社の導入実績、280の企業グループで採用されています。

本セッションではProactiveを利用するメリット4つと導入前の課題と導入後の効果を具体的に挙げた導入事例、サービス概要についてご説明いただきました。サービス概要では、「Proactive C4」のコンセプト動画と共に提供機能の豊富さや使いやすいUI・UXが提供されていることなど詳しく知ることが出来る内容でした。

AWSセミナー_PAパート講演資料_配布用

ビジネス変革に寄与する基幹システムのクラウド化

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 合同会社 佐藤様

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 合同会社 佐藤様より、クラウドの特徴である柔軟性や拡張性に加えて、セキュリティにも触れて基幹システムをAWSに移行するメリットなどをご説明いただきました。

バックオフィス業務はもちろん、多種多様な業務で利用されているクラウドはビジネスにおける重要な基盤となっています。必要な時に、必要なだけ、低価格でITリソースを使用出来るAWSを利用することで、オンプレミス環境において抱えていた課題を解決し、ビジネスに集中することが来ます。

ECサイトのAmazonでは数多くの便利なサービスが提供されておりますが、それを支えているのもAWSです。そのAWSがどういった経緯で開発されたのか、なぜ世界で数百万、日本で数十万のお客様に利用されているのかといった点もご説明頂くことで、基幹システムへの迅速な導入と安定した運用が実現可能であることがよく理解できる内容でした。

20211016_SCSK_ProActive_ビジネス変革に寄与する基幹システムのクラウド化

運用負荷軽減につながるSCSKの自動化プラットフォーム

SCSK株式会社 平野さん

SCSK株式会社 平野さんより、AWSを組み合わせることで、セキュリティオートメーションを実現し、運用工数削減につながるSCSKの開発・運用プラットフォーム「S-Cred+プラットフォーム」の概要とメリットをご紹介しました。

クラウド上にシステムを載せることを考えた時に、運用面やセキュリティ面で不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうかそういった不安を解消してくれるのが「S-Cred+プラットフォーム」です。「S-Cred+プラットフォーム」は運用自動化機能やクラウドサービスが持つセキュリティ機能との連携を標準装備しており、ProActive C4のインフラ基盤など これまで50以上のプロジェクトで利用されてきました。

本セッションでは具体的にどのような機能とサービスによって運用工数削減と高いセキュリティを実現するのかを説明し、開発・運用者だけでなくお客様に寄与できる自動化プラットフォームを活用できることが分かる内容でした。

S-Cred

まとめ

基幹系システムをクラウドに移行することについて、各種の懸念からまだ二の足を踏むお客様も多いのではないでしょうか。

SCSKでは今回ご紹介したクラウド型ERPの ProActive C4、運用プラットフォームであるS-Cred+など、お客様の基幹系システムをクラウドに移行した際にお任せ頂けるサービスが充実しております。これらのサービスに共通しているのは、それぞれ既に導入実績とノウハウがあるサービスのため、不安や疑問がある方でも安心して活用し、本来のビジネスに注力できることです。

再演の際には、改めて是非ご参加頂ければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました