【GCP】【AIML】Google Cloud Next Tokyo ’23に出展しました!!!!!

こんにちは。SCSKの島村です。

Google Cloud のカンファレンスイベントGoogle Cloud Next Tokyo’23が国内4年ぶりに東京ビックサイトにて開催されました。
11月15日(水)-16日(木)の二日間にわたり基調講演や、先進事例セッション、テーマ別のブレイクアウトセッションなど、
充実のプログラムがご用意されておりました。また、

この度当社は、Platinumスポンサーとしても出展させていただきました。

2日間の開催期間中、多くのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

本記事では、2日間に及んだGoogle Cloud Next Tokyo’23について当社の出展内容を少しだけご紹介させていただければと思います。
弊社では、Google CloudのAI/MLの技術を生かしたソリューションを提供しております。今回の展示会では、その技術を実際に現地でご体験いただけるような2つのデモを実施いたしました。

実施したデモについて、本ブログでも内容を共有させていただきます!!!!

スポンサーブース@Expoについて

Google Cloud パートナーによるスポンサー展示ブースでは、各社がGoogle Cloud(GCP)やGoogle Workspace のデモや導入事例について取り組みをご紹介するだけでなく、導入支援に関するご相談やクラウド全般に関するご質問をオンサイトで行える、そんなスペースです。

SCSKブースでは、弊社のGoogle Cloud に関するこれまでの取り組みをデモを交えながらご紹介させていただきました。

弊社オリジナルキャラクターの「かつのすけ」君です。 Googleカラーの腹巻がとてもお似合いですね。
 

SCSKブースデモ① コンタクトセンター向け生成AIチャットボットのご紹介

コンタクトセンタ-向けの生成AIチャットボットデモについてご紹介します。
今回は、弊社プレスリリースでも紹介させていただいている「生成AIチャットボット」をブースにてご来場いただいたお客様にお試しいただきました。

プレスリリースの詳細はこちら☟☟☟ 是非こちらもご一読下さい。

Vertex AI Search とは?

Vertex AI Search は、生成AIを活用した検索エンジンを構築するためのサービスです。生成AIによる結果のサマライズやパーソナライズなどの検索結果の強化に加えデータをアップロードするだけで簡単に構築と管理が可能となります。
より詳しい内容については過去の記事をご確認いただけますと幸いです。

デモ詳細

架空企業のコンタクトセンターを想定した、Vertial Agentによるお客様とのやり取りをデモにてご紹介させていただきました。

Google CloudのPaLM2やOpen AIのGPT-3.5/4などの基盤モデル(FM)では回答が難しかった(ハルシネーションを起こしていた)質問に対しても、 企業独自のデータへグラウンディング(接地)し、より回答率/回答精度の高いナレッジベースの生成AIチャットボット をGoogle Cloudのサービスを利用して構築いたしました。

サービスの特徴

チャットボットやボイスボットにおいて、

① 利用開始時に必要不可欠でありながら煩雑で作業負荷の高い「回答シナリオの作成・メンテナンス」が不要で、
②  自社で有するナレッジベースやドキュメントを読み込ませることで生成 AIが回答を生成します。
   また、「この質問には必ず同じ回答を返す」という個別のルール設定も可能です。

実際のデモ画面①☟☟☟☟

お客様とのやり取りを記録し、生成系でサマライズ!!!!(画面右側)
要件や解決の有無だけでなく、お客様の感情も分析しオペレータへのアドバイスがあることでデータを収集するだけでなく、効率的な活用まで!!!
 
実際のデモ画面②☟☟☟☟
お客様とのやり取りをダッシュボードで可視化!!!!
問い合わせの件数や、実際の問い合わせに対して生成AIの回答精度など等、様々な情報をダッシュボードにて簡単に確認可能。
 

SCSKブースデモ② 製造業向け外観検査ソリューションのご紹介

製造業向け外観検査ソリューションデモについてご紹介します。
今回は、Google Cloud の外観検査ソリューションである「Visual inspection AI」の本番導入時をイメージできるような、ミニチュアサイズのデモをご用意いたしました。
実際にカメラとPCを接続し、その場で対象物を撮像し本番ラインを想定した外観検査のデモを実施いたしました。

Visual inspection AI とは?

製造業の外観検査に特化したGoogle CloudのAIサービスであり、
 ● 特徴として「プログラム開発を必要とせず、GUI操作のみですぐに利用可能」

デモ詳細

今回は「スマートフォンの表面の細かな傷を検証する」モデルをご用意させていただきました。

 ① 産業用カメラ(写真左)でその場で傷のついたスマートフォンを撮影
 ② Visual inspection AIで作成したモデルを利用して推論を実施
 ③ その場で推論結果を表示する

実際の向上のラインを想定したEdgeソリューションとしてのデモを見ていただきました。

当日デモの準備時間の写真を少しだけ☟☟

今回作成した外観検査モデルですが、モデルの学習に利用したデータは、数十枚の正常データ(傷のないアイフォーンの画像)と異常(表面に傷のついた画像)データのみです。
少ない枚数ですが、そこそこの精度を出すことができております。業界固有のドメインに特化したVisual inspection AIならではの強みを体感いただけたのではないでしょうか。

 

最後に

今回はGoogle Cloud Next Toyko’23における当社の取り組みについてご紹介させていただきました。
多くのお客様にご来場いただき、弊社の取り組みについてお話をさせていただけたこ大変感謝いたします。皆様のご来場とご意見を励みに、今後もより一層の技術力向上に努めてまいります。

また、今回ご紹介した「生成AIチャットボット」「製造業向け外観検査ソリューション」についてもっと知りたい方は、個別のご相談も承っております。
ありがたいことに、当日多くの方に足を運んでいいだきその場でお話できなかったことやご相談などお気軽にお声掛けください。

お問い合わせは以下のフォームからお願い致します。
お問い合わせ製品・サービス名に「Google Cloud」を選択してください。

お問い合わせ|クラウド移行だけでは描けない、理想のDXを実現する

今後とも、AIMLに関する情報やGoogle CloudのAIMLサービスのアップデート情報を掲載していきたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!!

著者について

SCSK株式会社のクラウド専門部隊に所属
Google Cloudの
・AI MLサービス選定/導入コンサルティング/導入サポート/AI 基盤・運用構築 まで多く案件を担当
Google Cloud Partner Top Engineer 2024 受賞 カテゴリ:Cloud AI/ML
Google Cloud Next Tokyo 出展
Google Cloud Day ’23 Tour 登壇
「AI は選んで組み込んで実装!最新 AI を道具として有効利用するためには!?」
■好きな Google Cloud サービス:Vertex AI / Auto ML / Visual Inspection AI / Dialogflow CX

島村裕哉をフォローする
クラウドに強いによるエンジニアブログです。
SCSKは専門性と豊富な実績を活かしたクラウドサービス USiZE(ユーサイズ)を提供しています。
USiZEサービスサイトでは、お客様のDX推進をワンストップで支援するサービスの詳細や導入事例を紹介しています。
Google Cloudイベントレポートイベント情報クラウド
シェアする
TechHarmony
タイトルとURLをコピーしました