Amazon Redshift Spectrum ~~ Amazon Simple Storage Service (S3)のデータをクエリーする手順を紹介します。~~

こんにちは、SCSKの加古です。

普段Amazon Redshiftを利用する方でも、Amazon Redshift Spectrumの機能はあまり利用しないのではないでしょうか。今回は、SpectrumからAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)上に保存されたデータをクエリーする手順について紹介します。

サンプルの取得

Spectrumから検索するサンプルデータを以下のリンクからダウンロードして下さい。
「年齢(5歳階級),男女別人口-都道府県(大正9年~平成27年)2015年」を使用して説明します。

国勢調査 時系列データ CSV形式による主要時系列データ | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口
 国勢調査は、日本に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も重要な統計調査で、5年ごとに実施されます。国勢調査から得られる日本の人口や世帯の実態は、国や地方公共団体の行政において利用されることはもとより、民間企業や研究機関でも広く利用され、そのような利用を通じて国民生活に役立てられています。  国勢調査では、年齢...

ダウンロードファイル : 「年齢(5歳階級),男女別人口-都道府県(大正9年~平成27年)2015年」

Amazon S3 バケットにサンプルデータを保存

ダウンロードした「csvファイル」をAmazon S3バケットに保存します。
保存先 : s3:::scsk-xxxx-test20210526

xxxxは、任意の文字列を設定下さい。

以下の画面キャプチャは、私が検証したものです。

Amazon Redshiftクラスターのアクセス許可「IAMロール」を作成

1.AWSマネジメントコンソールにログインします。
2.ナビゲーションペインで [Identity and Access Management (IAM)」の「ポリシー」 を選択します。
3.「ポリシー作成」をクリックします。
4.JSONのタブを選択し、Amazon RehshiftからAmazon S3に保存したサンプルデータへのアクセスを許可するために、以下のアクセス権限を追加します。

Resource行には、バケットに保存したフォルダー名を記載して下さい。

ポリシー設定

{
   "Version": "2012-10-17",
   "Statement": [
       {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:Get*",
                "s3:List*"
            ],
            "Resource": "arn:aws:s3:::scsk-xxxx-test20210526/*"
       }
   ]
}

5.ポリシー名を「MySpectrumS3」で作成します。
6.「ロールの作成」をクリックします。
7.ユースケースの選択から「Redshift」と画面下の「Redshift – Customizable」を選択し、「次のステップ:アクセス権限」をクリックします。
8.先程作成した「MySpectrumS3」と「AWSGlueConsoleFullAccess」の2つのポシリーをアタッチします。

ロールの設定

9.「ロールARN」は以降使用しますので、メモ帳などにコピーし、控えておいて下さい。
10.[ロール名] に、「mySpectrumRole」を入力し、ロールを作成します。

Amazon Redshiftの作成

情報が新しく分かりやすいページのリンクを以下に載せています。
Amazon Redshiftを作成される方は参考にして下さい。

[AWS]はじめてのAmazon Redshift(アマゾン・レッドシフト)

Amazon RedshiftにIAMロールをアタッチ

1.ナビゲーションペインで 「Redshift」を選択します。
2.左メニューのクラスターを選択後、今回使用するAmazon Redshiftの状態が「Available」であることを確認します。
3.「アクション」をクリックし、「IMAロール管理」を選択します。

IMAロールのアタッチ

4.使用可能なIAMロールで「mySpectrumRole」選択し、「IAMロールの追加」をクリックします。

IAMロールのアタッチ25.アタッチされたIAMロールに「mySpectrumRole」が表示されたことを確認します。
6.「Save changes」をクリックします。

外部スキーマの作成

1.左メニューのエディタを選択後、「接続を変更」をクリックします。

2.Amazon Redshiftを作成した時に設定した「データベース名」、「データベースユーザ」を入力し「接続」をクリックします。

DB接続2

3.状態が「Connected」であることを確認します。

接続確認

4.Query1の入力欄に以下のコードを貼り付け、「Run」をクリックする。
Query resultsに「Completed」の結果が表示されることを確認します。

iam_role ‘arn:aws:iam:xxxxxxxxの「xxxxxxxx」はAWSアカウント番号を設定して下さい

create external schema s3dataschema2 
from data catalog 
database 'dev' 
iam_role 'arn:aws:iam::xxxxxxxx:role/mySpectrumRole'
create external database if not exists;

外部テーブルの作成

1.Resourcesの接続情報は以下のプールダウンを選択して下さい。
  Learn more : dev01
  Select schema : s3dataschema2

2.添付のコードを貼り付け「Run」ボタンをクリックし処理をして下さい。
処理結果は「Completed」であることを確認して下さい。

create external table s3dataschema2.countrybusinessindex2(
code1 int,
ken nvarchar(50),
age nvarchar(50),
jpnconde nvarchar(10),
jpncode1 int,
year int,
population int,
man int,
woman int
)

row format delimited
fields terminated by ','
stored as textfile
location 's3://scsk-xxxx-test20210526';

location行には、S3バケットに保存したフォルダー名を記載して下さい。

Amazon S3に保存したデータの検索

1.添付のコードを貼り付け「Run」ボタンをクリックし処理をして下さい。
  検索結果の件数と検索したデータが表示されます。

select * from s3dataschema2.countrybusinessindex2

 

2.検索したデータは「可視化」をクリックし「Chart setings」を設定することでグラフ表示されます。

以上で終わりです。

皆様の環境でも同様の結果が得られましたでしょうか? 少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました