【特別号】LifeKeeperのサイトを更新しました!!

こんにちは、SCSK 池田です。

2024年が始まり、あっという間に半月が経ってしまい、時の速さに恐怖を覚えつつも、今年も新しいことを仕掛けていこうと考えている今日この頃です。

さて1月17日に、LifeKeeperのサイトを新しくしました!


※クリックすると新サイトに移動します。

1.これまでのサイトの課題と改善

昨年8月頃からサイト刷新プロジェクトがスタートし、まずは旧サイトの問題点をひとつずつ整理し、それぞれをどのように変えていくことで改善に繋がるかを議論していきました。

  旧サイトの主な課題 新サイトでの改善
1 文字ばかりで解りづらい

 

イメージ図を活用することで解りやすく
2 LifeKeeper自体の価値が説明できていない LifeKeeperの価値を解りやすく訴求
3 「お悩み」の解決策が判らない

 

 

 

 

お悩みをCaseで別け、各々を解りやすく解説
4 SCSKの強みが判りづらい

 

 

 

 

 

 

 

SCSKの強みである、パブリッククラウドや各ミドルウェアの専任部隊の存在によるトータルな提案力を訴求
5 導入事例が文字のみで解りづらい

 

 

 

 

写真やシステム構成図を配置し、簡潔に解りやすく

 

旧サイト(左)と新サイト(右)で並べてみると、情報量が格段に増えていることと、イメージ図を多用しているので、解りやすさが増していることが一目瞭然ですね。

2.2種類のリーフレットも作成しました。

このタイミングでSCSKとしての初のLifeKeeperリーフレットを作成しました。
LifeKeeperの特徴や、SCSKの強みといった情報を簡潔に表現した内容となっています。


※クリックするとpdfが表示されます。

また昨年実施したZabbix製品をLifeKeeperで冗長することのメリットを訴求したリーフレットも作成しました。
Zabbix独自の可用性の仕組みだけではカバーできない箇所をLifeKeeperを使うことで解決することができる、と言った内容をご紹介しています。

※クリックするとpdfが表示されます。

 

著者について
池田 雄介

社会人成り立ての頃は、いわゆるユーザ企業の情シスに所属し、パソコンの全国展開やLAN/WAN化を推進、WindowsNTサーバを使いながらイントラネットや社外向けのサイト作成・運用などを経て、2002年に現在のSIerへ転職。
2007年からオンプレミスや仮想環境を中心としたインフラ基盤の構築に携わり、2013年からLifeKeeperを担当。以来10年に渡り、LifeKeeperに携わってきた。
趣味は、草野球、ボウリング、バドミントン、キャンプ、天体観測、ゴルフ、お酒を嗜むこと、ドライブなど

池田 雄介をフォローする
クラウドに強いによるエンジニアブログです。
SCSKは専門性と豊富な実績を活かしたクラウドサービス USiZE(ユーサイズ)を提供しています。
USiZEサービスサイトでは、お客様のDX推進をワンストップで支援するサービスの詳細や導入事例を紹介しています。
LifeKeeperプロダクト
シェアする
TechHarmony
タイトルとURLをコピーしました