アプリケーション開発

Git用語解説

Git利用時に覚えておく必要のある用語を解説します。
アプリケーション開発

GitとGitlabの基本概説、プロジェクトの始め方

GitとGitlabの概要、Gitを使ったプロジェクトの開始方法を解説します。
AWS

AWSでTerraformを使ってみた(基礎知識~環境構築)

はじめに お疲れ様です。相変わらず文鳥とハムスターに飼われている網中です。 今回は先日課内にてTerraform勉強会を実施したので、その内容について書こうと思います。 またAWS初心者向けに書いていますので、記事がやや長くなっております。...
データベース

Amazon RDS for Oracle – 災害対策(リージョン間スナップショットのコピー)

データベースを管理する上で、災害対策を考えておく必要があります。 今回は Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) にて リージョン間スナップショットのコピーを使用した災害対策をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – AWS Well-Architectedフレームワーク

AWS のシステムを構築する際、AWS Well-Architected フレームワーク 理解し考慮することが推奨されています。 今回は Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for Oracle の観点から、AWS Well-Architected フレームワーク 5つの柱をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – フェイルオーバーの時間について

マスタデータベースで障害が発生した場合、速やかにスタンバイデータベースへフェイルオーバが必要です。 今回は Amazon RDS for Oracle ( Multi-AZ 配置) でフェイルオーバーした際にかかる時間について検証結果をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – POINT IN TIME RECOVERY(テーブル)

誤ってテーブルのデータを消したり、変更してしまった経験はないでしょうか。 今回は Amazon RDS for Oracle の POINT IN TIME RECOVERY にて特定のテーブルのみ指定した時点の状態に復元する方法をご紹介します。
データベース

Amazon RDS for Oracle – POINT IN TIME RECOVERY

誤ってテーブルのデータを消したり、変更してしまった経験はないでしょうか。 今回はそんな時に復旧するため手段として Amazon RDS for Oracle の POINT IN TIME RECOVERY をご紹介します。
Oracle

実行計画を取得する!

Oracle パフォーマンス問題の原因として、SQL の処理遅延がよく上げられます。 今回は OracleDB での SQL チューニングに必要な準備として実行計画の取得方法をご紹介します。
Oracle

PL/SQL のボトルネックを特定する方法

Oracle の PL/SQL で遅延が発生してしまい、どこがボトルネックになっているのか特定しにくいケースがあります。 今回はそんな時に使える DBMS_PROFILER を使用した PL/SQL のボトルネック確認方法をご紹介します。