React でテキストデータをクリップボードにコピーするボタンをつくる

こんにちは、広野です。

WEB 画面内のテキストをクリップボードにコピーさせるボタン作成ってめっちゃ簡単そうなのですが、React ではうまくいかず数時間ハマりました。せっかくなので成功したコードを書き落とします。

つくりたい画面

こんなのです。Google 翻訳でも同じボタン使ってますね。

ボタンを押したら、テキスト表示欄にあるテキストデータがクリップボードにコピーされるだけの機能です。

React コード

前提として、画面パーツは MUI を使っています。(MUI の説明は省略)

import React, { useState, useEffect } from 'react';
import Button from '@mui/material/Button';
import ContentCopyIcon from '@mui/icons-material/ContentCopy';
import IconButton from '@mui/material/IconButton';
import Tooltip from '@mui/material/Tooltip';

const [resultText, setResultText] = useState();

//中略

//クリップボードにコピー関数
const copyToClipboard = async () => {
  await global.navigator.clipboard.writeText(resultText);
};

//中略

//ボタン部分抜粋
<Tooltip title="Copy to Clipboard" placement="top" arrow>
  <IconButton color="primary" size="small" onClick={() => copyToClipboard()}>
    <ContentCopyIcon fontSize="small" />
  </IconButton>
</Tooltip>
<Button onClick={handleCloseDialog}>閉じる</Button>
  1. コピーボタンを押すと copyToClipboard 関数が呼び出されます。
  2. その時点で resultText ステートに格納されているテキストデータをクリップボードにコピーします。

言ってみればただそれだけなのですが、赤線を引っ張っている箇所はその通りに書かないと動きませんでした。

  • 関数を async await にすること
  • global を入れること

他にもいくつかの React モジュールは試したのですがうまくいかず。このコードだけが動きました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

地味にハマったんで、自分の備忘を兼ねて記録に残しておきました。

本記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

著者について
広野 祐司

AWSサーバーレスアーキテクチャを駆使して社内クラウド人材育成アプリや教育コンテンツをつくっています。ReactでSPAを書き始めたら、快適すぎて他の開発言語には戻れなくなりました。AWSサーバーレスやReactの仲間を増やしたいです。
取得資格:AWS認定は9つ、ITサービスマネージャ、ITIL v3 Expert、等
2020, 2021 APN AWS Top Engineers 受賞
2022 AWS Partner Ambassador 受賞
好きなAWSサービス:AWS Amplify / Amazon Cognito / AWS Step Functions / AWS CloudFormation

広野 祐司をフォローする
クラウドに強いによるエンジニアブログです。
SCSKは専門性と豊富な実績を活かしたクラウドサービス USiZE(ユーサイズ)を提供しています。
USiZEサービスサイトでは、お客様のDX推進をワンストップで支援するサービスの詳細や導入事例を紹介しています。
その他技術ナレッジ
TechHarmony
タイトルとURLをコピーしました