AWS Summit Japan 2024 現地体験レポート

こんにちは。SCSKのふくちーぬです。

2024/6/20(木)~2024/6/21(金)に開催されたAWS Summit Japan 2024 に参加してきました。

認定者ラウンジ

資格取得者のみ利用できるラウンジスペースと特典の配布会場です。

全冠の旨を伝えると、「おめでとうございます!」と言って貰えました。なんだか恥ずかしかったです(笑)

SAP,DVA,SOAのステッカーとボトルは既に配布終了していました。。皆さんのAWS認定の注目の高さが分かります。

SCSKブース

弊社のブースにも立ち寄ってみました。

生成AIを活用したRAGソリューション(InfoWeave)、IoTを活用した製造業向けデジタル化ソリューション(Duetics)等、見どころたっぷりの展示やミニセッションでした。

今年のAWS Summitは、AWS社含めたどのパートナー企業も生成AIやIoT,データ活用にかなり力をいれていました。

大規模クラウドインフラ設計・構築案件の歩き方

AWS社によるセッションです。

インフラ構築プロジェクトに参画している私としては、今回一番楽しみにしていたセッションとなります。

聴講者として以下を想定しているそうですが、AWSに限らず全エンジニアにおすすめしたいコンテンツとなっています。

 概要:大規模クラウドインフラの設計・構築案件で得た知見や学びが体系的にまとまっている

 想定聴講者:インフラ設計発注者・受注者・内製担当者

設計

設計の骨組みづくり

以下は簡単なサンプルですが、インフラ設計書の目次となります。配属当時に知っていたら、どんなに助かったことかと思いました。

設計書一覧は可能な限り詳細に記載することで、バイネームで担当者を割り当て責任所在を明確にすること
設計事由を残すことで、設計の見直しができる状態にしておくこと
詳細設計書は、人へ分かりやすく伝えるために構築時点では詳細設計書+IaC。それ以降は、IaCを正とすること

アプリ/インフラチームの責任分界

どこまでインフラチームまでの担当で、どこからアプリチームの担当であるか線引きすることはなかなか難しいですよね。

選定した開発方針とガバナンスを元に、要件に応じてインフラ/アプリチーム相互に議論して線引きを決めること

コーディングルール

プログラム言語で記述するのと同じくIaCでも、コーディングルールを決めておかないと品質低下につながります。

IaCにもコーディングルールは必要である(利用ツール、命名規則、スケルトンコードの利用等)

静的解析

IaCコードは、デプロイ前に必ず事前にチェックしておかないとデプロイ時に意図しないエラーやリソースが作成されるので留意しましょう。

書式のチェック(cfn-lint)、セキュリティの強制(cfn_nag)を実施するべき

構築

コスト管理はいますぐはじめる

開発開始時点で始めることが鉄則である(コスト異常検知や利用状況に気づけるように、最低限Budgets,Cost Explorerを導入しておくべき)

クリティカルパスの特定

大規模/本番構築はIaCのみでは完結しないため、どのタスクがどの方法で構築することが合理的なのか、リードタイムはどれくらいなのか設計段階時に調査しておくべき

展開手順の整備

IaCコードのみに着目されがちですが、デプロイは繰返し実施されるため、更新手順や削除手順等のドキュメントを整備しておくことも忘れてはいけません。

IaC/手動/申請系を区別し、時系列や依存関係を踏まえて第三者でも分かりやすい表現でドキュメントを作成すること

クラウドリソースのテスト

最後にテストについてです。

最低限、実環境・疎通性・性能の3要素に焦点を当ててテストを実施するべき

Serverlesspresso – コーヒーをサーバレスとともに –

カフェの注文システムをサーバレス構成で実装し、実際にコーヒーまで頂くことができるブースです。

5分間で10杯までしか注文を受け付けないことで、バリスタがきちんとお客さんを捌くことができます。

さすがにお客さんが増えてくると、QRコードの読み取りの待ち時間が増えているようでした。1人当たりのバリスタの処理時間をシステムの処理時間制約としている点が興味深かったです。

 

何とか注文できました。

無事エスプレッソを飲み、一息つくことができました。

『たまごっち』シリーズの進化と、AWS IoTで築いた『Tamagotchi Uni』で つながる世界

続いてバンダイ様のセッションです。みなさんご存じ『たまごっち』の裏側の紹介です。

運用管理の負荷軽減と開発スピードを上げるために、サーバレスサービスをフル活用し設計しています。

IoTを利用する上で、重要な課題であるファームウェアのアップデート課題の向き合い方が非常に勉強になりました。

以下の2つを実践することで、解決していました。

  • アップデート対象機器に優先順位を付ける
  • AWS IoT Device Managementの機能であるDynamic Groupの利用

この結果、世界中の皆さんの手元にあるどの『たまごっち』も仲間外れにされることなく、最新機能が配信されたと同時に遊ぶことが可能になっているんですね。

最後に

いかがだったでしょうか。AWS Summit の現地レポートをお届けしました。

現地開催は、AWSの熱気や技術の面白さを生で感じ取ることができる良い機会だと改めて認識しました。

個人的には、7月発売予定の『たまごっち』が待ち遠しいです。

本記事が皆様のお役にたてば幸いです。

ではサウナラ~🔥

著者について
ふくちーぬ(福地孝哉)

◆所属:クラウドサービス部
◆経歴:
 2022 ANGEL Dojo ANGEL賞 2位
 2023 Japan AWS All Certifications Engineers
 2024 Japan AWS All Certifications Engineers
 2024 Japan AWS Jr. Champions
◆資格:
 サウナ・スパ健康アドバイザー,Azure,Terraform,情報処理安全確保支援士合格
◆好きなAWSサービス:Amazon EventBridge
◆好きなサウナの温度:120℃
◆好きな水風呂の温度:16.5℃

ふくちーぬ(福地孝哉)をフォローする
クラウドに強いによるエンジニアブログです。
SCSKは専門性と豊富な実績を活かしたクラウドサービス USiZE(ユーサイズ)を提供しています。
USiZEサービスサイトでは、お客様のDX推進をワンストップで支援するサービスの詳細や導入事例を紹介しています。
AWSイベントレポート
シェアする
タイトルとURLをコピーしました