山下雅喜

Cato Cloud

Cato クラウドの FQDN ベースの制御の仕組みと課題

Cato クラウドでは、通信先の FQDN をベースとしたトラフィック制御やアクセス制御を行うことができます。一方で、FQDN の根幹を成す DNS はアプリケーションレイヤの技術であり、ネットワークやトランスポートのレイヤからは直接扱えない技術でもあります。 そうしたレイヤの違いから Cato クラウドが通信先の FQDN をどのように識別しているのか気になりましたので、深掘りして調査検証し、いくつか浮かび上がってきた課題をここで説明します。
Cato Cloud

Cato クラウドの TCP Acceleration の仕組みと効果測定

Cato クラウドの TCP Acceleration 機能は Cato クラウド経由で行う TCP 通信を高速化するための機能です。この機能にどの程度効果があるのか実際に測定しました。また、TCP Acceleration の仕組みについても解説しています。
その他技術ナレッジ

【RFC 9421】HTTPメッセージの電子署名に関するインターネット標準について

先日新しくインターネット標準となった『RFC 9421 : HTTP Message Signatures』が気になって読み、自分の考えをまとめてみましたので、その内容を共有します。
Cato Cloud

Cato クラウド向け月次レポートサービスの紹介と技術的な仕組みの解説

SCSKでは Cato クラウドの導入から運用まで一貫した技術サポートやサービスを提供しております。本記事はサービスメニューの1つである月次レポートサービスのご紹介と、その裏側の技術的な仕組みについて解説いたします。
Cato Cloud

ソフトウェアエンジニアから見た Cato クラウド

通信や仮想ネットワーク周りを主戦場とするソフトウェアエンジニアから見た Cato クラウドに関して思うところを書いています。
Cato Cloud

Cato Client を用いた通信における MTU の調査

Cato クラウドの PoP 経由で通信する場合の MTU の値を調査・検証してみました。
Cato Cloud

Cato クラウドで QUIC プロトコルをブロックすべき理由

Cato クラウドでQUICプロトコルをブロックすべき理由やブロックすることで生じる問題点について、技術的な背景をもとに解説します。
Cato Cloud

CatoクラウドのTLS Inspection機能で躓く証明書の仕組み

Cato クラウドでHTTPS通信のセキュリティ対策を行うためのTLS Inspection機能で躓くことの多いTLS証明書関連の仕組みや課題について解説します。
Cato Cloud

Cato クラウドのイベントログを Amazon S3 で長期保管する

Cato クラウドのイベントログを Amazon S3 に出力する機能について解説します。
Cato Cloud

Cato API の利用方法と制限事項

Cato API の具体的な利用方法や注意事項を Python コードを交えて解説しています。